猫ブーム

町のいたるところでよく猫をみかけるかと思います。今、猫ブームといっても過言ではないほど猫の人気は高まっています。本屋にいけば猫関係の書籍がずらっと並んでいたり、猫カフェも数多くみかけるようになりました。また猫グッズなども出てきており様々な場所で活躍しています。

ペットにする動物としても5年くらい前までは圧倒的に犬が多かったのですが、ここ近年その差は僅差までせまり1~2年後には逆転してしまうほどの人気になっています。なぜこのような現象になってしまったのでしょうか。

第一の原因として猫は犬と違い散歩をする必要性がないからではないでしょうか。高齢化がすすむ中、中高年にとって散歩をさせるとういう行動が不安になってしまう人もいるでしょう、また一人暮らしで飼いたいがそんな時間が作れないという方も多いでしょう。そういう方にとってはやはり散歩の有無というのは大きな事として受け取ってしまいます。

第二としては鳴き声ではないでしょうか。犬は感情表現が豊かでよく声を出します。マンションなどではかなり周囲に気を付けなければなりません。その点、猫は近所に気をつかうほどの大きな声では鳴くことはなく、静かにしてくれるため助かるのではないでしょうか。

そんな猫達ですが、今いろんな種類があるのはご存知ですか。いつも上位上がってくるのは、スコティシュフォールドやラグドールなどですね。その中でも人気の高いのがマンチカンとアメリカン・ショートヘアーではないでしょうか。なぜ人気があるのかそれぞれの特徴をご説明いたします。